低温調理を自宅でできる方法4選

低温調理!!

 

先日友人宅でものすごく美味しいお肉を食べさせてもらったのですが、低温調理をしたそう。


最適な温度でお肉を加熱し、レアでとっても美味しいローストビーフとかを作れちゃう、スーパー調理法である低温調理。肉欲を増してみましょう。

 

 

低温調理をするとどうして美味しくなるのか

詳しくはこちらのサイト様がものすごくわかりやすく書いてくれているのですが、

cookingmaniac.net

「肉は中心温度が"60度~65度"の温度になるように火を入れると最もおいしくなる!」

 

だ!!これだけ覚えておけば大丈夫!!!
66度を超えれば超えるほど、肉は水分を失い、硬くなってしまう。

 

 とりあえずこれに尽きます。60度以上をキープして菌を殺し、タンパク質を美味しく食べるのだ!
牛はまあ安全だけど、鳥とか豚はもう少し大変になるのでこちらのサイト様も参考にさせていただいております。

xn--4dkc299utf8a.com

 

 低温調理ができる道具たち。価格帯別

こちらで低温調理ができる道具についてまとめられているけれど、本当に引くほど低温調理機ってあるんですね!びっくり。ひとまずメジャーどころの注目株をまとめています。


sccubed.hatenablog.jp

①ANOVA 17000円程

 一番有名な低温調理機。

良い点

・狙った温度を1度刻みで維持できる

・水を攪拌するので温度ムラがない

 気になる点

・電気代が結構かかるらしい 

・割と大きい容器が必要。一般家庭で作るにはちょっと大容量すぎるかも

 

とはいえ、やはりANOVO様、持っている方にお料理を作っていただいたことがありますが、牛も豚も鳥も魚も本当に美味しい!
食中毒にならないぎりぎりのラインを狙って美味しいレアなタンパク質をいただけます。

他にもハイテク低温調理機様がありますが、「今買うならレシピが世の中にたくさん落ちているメジャーな物がいいんじゃない?」と料理の師匠がおっしゃっていたので、なるほどと思いました。

 

あと小林胴蟲様とおそろなので手に入れると嬉しい。

negineesan.hatenablog.com

 

 

 

②ヨーグルトメーカー  3000円〜10000円程

良い点

・他の発酵食品も作れる

・機械が安い

・電気代が安い

機になる点

・ヒーターが弱く、狙った温度にするのに時間がかかる

・容器が小さめ

・機械の上と下で温度が結構違うのでは・・?

・表示温度の信用性が微妙

 

こだわりがある人には向かないけれど、低温調理風を楽しみたいなら、簡単お手頃なヨーグルトメーカー。

お高級ヨーグルトをたね菌にして増殖させたり、甘酒や塩麹も作れちゃう、ということで魅力的。作った容器をそのまま冷蔵庫にしまえたりする物もあるようで、手軽。

ちなみにヨーグルティア様はヨーグルトメーカー界最高級品だけど70度までいけるのがすごい点。アイリスオーヤマ様は65度まで。しかいオフィシャルレシピで鳥ハムが作れる!って書いてある強気な感じが好きです。(鳥ハムって失敗すると大変な食中毒になるの で、他のヨーグルトメーカーでは低温調理もいけるなんて大々的には言ってない)

 

③自作しちゃう 5000円程

低温調理機そのものを自作する猛者もいらっしゃるようで。

なんかコード類とかいっぱいになっちゃうし大変らしい。でも楽しそう。

toyoshi.hatenablog.com

 

④家にある炊飯器の保温機能を使う

とりあえず試すにはうってつけ。

我が家の炊飯器は普通は60度、高温は74度で保温してくださるそうで、その上温度設定で変えることができるらしい。

パナソニックSR-PA103の取説↓)

保温の温度を変更したい - ジャー炊飯器

ただ、試してみたところ甘酒は簡単に作れたけれど、ローストビーフは思ったのと違う感じに。。。ちょうどいい温度をキープするのは難しいみたいです。

 

 

今後どこまで課金するか悩むところですが、ANOVOさんやっぱりいいなぁ・・・。


完成したローストビーフは、冷蔵庫に入れて寝かしてから切らないと分厚くなっちゃうので注意!2〜3ミリの厚さに切るのがベストだそうです。(さっき失敗しました)