読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JR定期券のお得な買い方①〜途中で解約しても、6ヶ月定期の方が安くなることがある

定期券の買い方で、今までずっと損をしてきたことを最近知りました!

(もしかして常識で、私が知らなかっただけ?)

JRの定期券は、途中で行き先が変わっても、6ヶ月で買った方が安い

びっくりしました。

JR定期券で途中で利用経路が変わる場合区間変更」を利用すると「払い戻し」と返金額の計算方法が変わるのです!

区間変更とは、JR定期の利用期間が残っている間に、新しく他の区間のJR定期を買いなおすこと。他社路線だと使えない。

今までは勤務地に一定の期間しか行かず、次は他の勤務地に行く、という場合、普通に1か月分の定期券を何度か買っていました。

 

仮に新宿から品川行きを2か月利用するとします。

 定期代は、1か月5,820円 3か月16,580円 6か月27,920円なので、

普通に購入すると、1か月定期5820円×2か月=11640円

 

6か月定期券を購入して2か月使用後に、

区間変更をする場合、計算すると払い戻し額が、18393円2か月の定期代 9527円

払い戻しをする場合計算すると払い戻し額が、16060円2か月の定期代 11860円

区間変更だと、普通に1か月定期を二回買うより、差額2113円お得になったのです!!

一か月5820円の物が、4763円で買えた。差額1056円 。約2割引きですよ!すごくないですか??!(大興奮)

詳しい計算方法は以下サイトを参考にどうぞ。

 

定期乗車券の払い戻し額の計算 - 高精度計算サイト

区間変更
 変更定期券が同じ鉄道会社の場合は、新区間の定期券購入後、旧定期券の払い戻しが受けられます。
  払戻額=定期券運賃-(使用旬数×定期運賃の日割額×10)-手数料220円
 ・定期運賃の日割額は、定期運賃を1か月定期は30、3か月定期は90、6か月定期は180で割って計算します。
  (1円未満は1円単位に繰り上げ)
 ・旬数の計算方法 (※1)
  旬とは1か月を3分した10日を基準とする単位です。
  1ケ月の日数が30日でない月末を含んで旬を計算する場合、1旬が10日とはなりません。
  1旬目…2/21~2/28 (閏年の場合は29日)
  2旬目…3/1~3/10
  3旬目…3/11~3/20
  4旬目…3/21~3/30
  5旬目…3/31~4/10

 

勤務地がころころ変わる会社員の方や、いつ契約期間が終わるかわからない派遣社員の方など、「いつまでこの勤務地に通うかわからないから、とりあえず一か月定期にしておこう」と思っている方で、今後勤務地が変わろうとJR線を使う事が必須な方は、6か月定期を買ったほうがお得!

社会人生〇〇年、もっと早く知りたかった…!と感じます。