読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ティファールとダイヤモンドコートパンを比較してみて、ダイヤモンドコートパンで十分だった

ティファールとダイヤモンドコートパンを両方買いました。

買う時にどっちがいいかかなり悩んだのですが、結局途中でIH住宅に引っ越して両方購入することになったので、せっかくなので比較してみます。

買うまで口コミをみて散々悩んだけど、実際使ってみて問題なかったので、今後は安いダイヤモンドコートパンを買います。

 

 

(結論終わり)


以下、ティファールとダイヤモンドコートパンの比較

セットがたくさんありますが、今回比較したのは以下の商品です。


ティファールのセット内容:9点 セット10,400
サイズ:フライパン/26cmcm、ウォックパン/26cm、ソースパン/16cm・20cm、バタフライガラスぶた/16cm・20cm、シールリッド/16cm・20cm

 

サイズ:フライパン26cm、炒め鍋26cm、なべ20cm、なべ16cm、シリコン縁ガラスふた26cm、シリコン縁ガラスふた20cm、PEシールふた20cm、PEシールふた16cm

比較した項目
・直径
・高さ
・ガラスぶた
・シールぶた
・取っ手
・価格

■直径の比較

ティファールもダイヤモンドコートパンも、あまりにセットの種類が多くてかなり悩んだのですが、
ティファールではウォックパン26cm 、ダイヤモンドコートパンでは炒め鍋26cmが含まれているセットを購入。
どちらも大きくて底が深いフライパンと言った感じの、使い勝手が良い大きさです。カレーだって6人前は作れるし、二人以上で暮らしているならおすすめ。

その場合、アマゾンで売っているこのセットが一番お得でしたが、一人暮らしならワンサイズ下げてもっと安いセットでもいいかも。

 

f:id:aoiao4042:20170221191946j:plain

 

 

 取っ手の比較

ティファールはワンロック。かみ合わせの部分が金属でしっかりつかめるが、その分内装が剥げがち

・ダイヤモンドコートパンはツーロック。かみ合わせの部分がゴムでややグラグラするが、内装は剥げない(あまり取っ手を持って移動しないことと説明書に書いてあった)


・アマゾンの口コミでダイヤモンドコートパンについて「内側の塗装がハゲる」「外のコートが取れる」という書き込みがありますが、今のところその気配はないです。

ティファールは使って二年、ダイヤモンドコートパンに変えて1か月→今後変化が出たら追記します)

 



f:id:aoiao4042:20170221163519j:plain

 

↓取っ手がロックしている状態

f:id:aoiao4042:20170221163234j:plain

 

↓取っ手がロックしていない状態

f:id:aoiao4042:20170221163300j:plain

 

鍋のサイズ比較

ウォックパン(炒め鍋)はティファールのほうが8.2cmと、高さがある 
f:id:aoiao4042:20170221161317j:plain
f:id:aoiao4042:20170221161817j:plain

  

蓋の比較

ティファールの蓋は重ねられるけど、ダイヤモンドコートパンの蓋は重ならない。でも重ねる機会も特になく、そんなに不便には感じないと思います。
・蓋がついている鍋タイプは違う
f:id:aoiao4042:20170221164000j:plain

f:id:aoiao4042:20170221164327j:plain

 

その他のアイテム

取っ手が取れる鍋の宿命として、蓋をしても端から蒸気が漏れまくるので、別売りのフリーサイズ蓋は必須。

 

f:id:aoiao4042:20170221164408j:plain

あとは内装が剥げないように金属や木の箸は基本使わず、シリコン製品を使っています。

( ゴムベラは汚れがたまらない用に一体型を使うのがおすすめ)

まとめ

 ティファールを二年使用

ダイヤモンドコートパンを1か月使用

 今のところ、使い勝手は特に変わらず、なら安いダイヤモンドコートパンでいいかなと思っています。

今後使用する中でへんかがおきたら追記します。